新着情報/学校からのお知らせ

フィリピン・バコロドに日本から荷物を送る&受け取る

こんにちは!
フィリピンの英語学校、バコロドEROOMランゲージセンターです(^^)

 

最近日本から荷物を送ってもらうにはどうしたらいいか、

荷物がなくなったりしないのか

ということを質問されることがあるとのことで

先日、日本から荷物を送ってもらって荷物がポストオフィスに届いたので
今日はポストオフィスに荷物の受け取り方についてシェアしたいと思います。

 

 

日本からフィリピンに荷物を送る方法

 

■フィリピン郵便
航空便といいながら、いつ届くかは全く不明!
ポストカード程度なら10日位で到着するとのこと。
小包はいつ届くか読めません。1ヶ月~4ヶ月かかることもあります。

 

■EMS郵便

EMSは荷物が比較的早く届き、追加料金を払って荷物のトラッキングや200万円までの保険が付けられて安心。

基本的に2日から9日程度で届きます。

 

その他にも各会社で配達をされているところもありますので調べてみるといいかもしれません。

他にもFedEXやDHLなどの国際宅配便もありますが、それぞれにサービスの特徴があります。

Door to Doorはその名の通り、集荷先から配送先へ荷物を届けてくれます。

日数はかかりますが、BOXの大きさで料金が決まっているので、重量は関係ないので詰め放題という利点もあります。

 

郵便局や各運送会社に行って送り状をもらって

記入事項を正確に記入して荷物を持っていきます。

日本から送る場合は国内も国外も大差はないと思いますが、

物によっては送れないものなどもあるので確認をした方がいいと思います。

 

 

3年前にも日本からバコロドに荷物を送ってもらったことがあるのですが
その時は2週間くらいかかったのですが
今回は送ってもらって3日後に届いたのでびっくりしました**

 

余談ですが3年前に日本から荷物を送ってもらっていた
友達は荷物を待ち続けて3ヶ月後に段ボールがボロボロの状態で届いたということも

ありますので余裕をもって送ることをおすすめします。笑

 

 

郵便物の受け取り方

 

 

基本的にフィリピンは荷物が住んでいるところに直接届くというのはありません。(Door to Doorは届けてくれます。)
そんなこんなで面倒なことにバコロドのポストオフィスまで取りに行かなくてはなりません。笑

 

ちなみに

今回洋服やバックも日本食と一緒に送ってもらったので

今回日本の郵便局からトラッキング付きのEMS(国際スピード郵便)という郵便方法で送ってもらいました(*^^)v
13キロの荷物の重さで13000円!

 

 

 

 

フィリピンの電話番号を送り状に書いておくと
"荷物が届いたよ。IDを持って10番窓口まで来てね"とメッセージを送ってくれます(^^)/
このシステムは本当にありがたい。

 

メールが届いたのが午前11時半頃。

 

E-ROOMからはタクシーで10分から15分くらいで場所は888(チャイニーズタウン)の
古い方の建物の並びにあるので分かりやすいと思います(‘ω’)ノ

タクシーのドライバーにポストオフィスというと普通に連れてってくれます**

 

 

 

 

 

 

平日の夕方5時までしかやっていないのでお昼の時間を利用して行こうと12時過ぎについたら

1時までお昼休みだよーって。

 

 

 

 

荷物は目の前にあるのに(;_;)40分くらい待つことに。笑

 

1時になって10番窓口のおっちゃんに届いたメッセージを見せて"送り状"を渡され、

 

 

 

 

奥の会計部屋に持って行って~♪って

突当りの部屋に112㌷払って領収書なのか

 

 

 

 

 

この紙を渡されおっちゃんに紙を見せて
ノートにサインして無事受け取れました♡

 

 

 

 

が、13キロという重さを持つことが出来ずポストオフィスのお兄さんに
タクシーまで運んでくれました。笑
バコロドの人は優しい。

 

E-ROOMについて13キロの荷物が持てるわけもなく

荷台を借りて部屋まで運び無事到着(*^^)v

 

 

 

 

中身も無事でしたが、

 

 

 

 

日本から送ってもらう時の中身の入れ方と違うので多分どこかで開けられたのかな。笑

 

中身は無事だったので、まあいいか!笑

 

中には搬送途中で段ボールごとなくなる、中身の一部がなくなる等があるらしいのですが

私の身近にいる人ではこのような話を聞いたことはないので

近年本当に稀だと思います。

 

1時にお昼休憩が終わって5分経たずに荷物が受け取れたのでよかったです(*´▽`*)

日本では家に届くのが当たり前で郵便局に行くことなんて中々なく面倒だと思いますが
これも郷に入れば郷に従え、日本ではできないことを経験するのもいいと思います。

 

 

以上、
フィリピンの英語学校、バコロドEROOMランゲージセンターでした!

 

フィリピン留学お見積り・お問合せはこちら
フィリピン留学お申込みはこちら
Line or Skypeでも留学相談を受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

Skype bacolod.ryugaku

Line ID :@578gdyhi

英語初心者、スピーキング強化をしたい人のためのフィリピン留学
E-room Language Center/ バコロド イールーム・ランゲージセンター