体験談

M.Kさん(女性) 年齢:30代、 留学期間:10週間

■E-roomの授業について

授業がスタートする前日にレベルテストで筆記とスピーキングがあるんですが、中学1年程度のレベルだった私にはかなり難しくて、筆記テストは確か60点中14点でした。。
授業は最初セミスパルタで頑張る予定で始まりました。通常は8時からスタートで、セミスパルタは7時半から単語テストがあります。
海外は好きでよく行っていたのでコミュニケーションを取る位の単語力はあるつもりでした。。
でも、授業では初めて聞く単語ばかりで、初日のボキャブラリーの授業は1ページ目の1つ目の単語から分からず、、笑
意味を先生が説明してくれるんですが、その説明で使う先生の言葉もほとんど理解できず本当に大変だったし、とにかく凹みました笑
でも、先生は身振り手振り物をたくさん使って一生懸命説明してくれました!

1日マンツーマンが5クラスとグループクラスがあったので先生もそれぞれ違います。
話すスピードに耳が付いて行かず聞き取るのに苦労した授業や、いつもおだやかな空気だった授業冗談が飛び交う授業や、厳しいと感じた授業、私のレベルを理解してくれてゆっくり進めてくれた授業グループクラスは大体同じ位のレベルの生徒が集まってたと思います^ ^。

初めはグループクラスが一番不安だったんですが、全然そんな事なくて!
先生は本当に面白くて、イマジネーションの膨らむトピックが大好きで、私もそうゆうのが好きだったので、毎回みんなで色んな話しをして笑いの絶えない授業でした!
私のヘタな英語でも、理解してくれて助けてくれて、好きな様に話せたことが有り難かったです!
グループクラスはそれぞれの国の文化を知れたり、みんなの考えや人柄も知れるし、友達もできるので大切だと思います^ ^
どのクラスも50分はあっとゆう間でした!

■学校生活について

私は2人部屋でした。
最初のルームメイトは韓国人のお姉さんで、最後の4週間は台湾人の可愛いルームメイトでした^ ^。
しかも最初のルームメイトは日本語が出来たので始めのスタートには助かりました!
色々と勝手がわからなかったので、英語だったら私の場合ストレスが大きかったと思います!
今となっては大きな不便はないですが、慣れるまでは不便に思うかもしれないです。
日本とは違うトイレ事情。
シャワーのお湯が出る時間帯がある事。
水はウォーターサーバーがあるので、かなり使っていました。

一度しか使わなかったですがATMもあります。
セキュリティーの人が大抵ホテルの玄関にいるので安心です^ ^。
ちなみに学校の向かいは警察署なのできっと大丈夫です!!
それからセブンイレブンが隣にあるので本当に助かります!!

学校裏に人気のカフェとレストラン、どっちも屋外ですけど、リブポークとか電球型のコップに入ったシェイクがあったりとおしゃれです^ ^
スーパーも割りと近いので歩いて行けます!
しかも日用品も何でもあるので、困る事は本当ないです^ ^

■バコロド生活について

イメージしていたより何でもあってびっくりしました笑。
ショッピングモールにスタバ、ユニクロ、、なんでもあります!!
ほとんどはタクシーを使っていましたが、ジプニーにチャレンジしたら普通に乗れて、もっと珍しがられたり居心地悪かったりするかなと思ってたのにみんな本当普通でローカル感を味わえました!

学校にいると先生や知っている人ばかりで安心しがちですけど、フィリピンのなかでも治安の良い町バコロドでも外では携帯や財布は手で持ってブラブラしない、かばんはしっかり持ったりと一応気を引き締めて歩いてました!
でも先生が危険と教えてくれた場所には行かなかったし、イヤホンを付けて歩くのも良くないよと、教えてくれた事は守ってました^ ^

■フィリピン留学・総合評価

総合評価 学校で特によかったのは、私にとっては自由だった所だと思います^ ^決して楽だった訳ではないです笑。
10週間しかないから、セミスパルタで一日中でも、土日でも勉強してやる!!と意気込んでましたが、実際6コマと3コマの自習時間でも大変でした。
最初はセミスパルタコースだったので厳しいルールがたくさんあって、テストもいっぱいあって、、と想像していたからです!
満足度! 満足度は80点

 

■Eroom卒業生としてのアドバイス

私は文法が全くでした、来る前にもしっかり勉強はしていなかったです。怠け者です笑。
来る前に基礎くらいは勉強していった方がいいと言われて、一応は教科書をペラペラと少しやりました、でも基礎がどこまでかも分からないしペラペラしただけで身には付いてなかったです。日本では勉強のやり方もよく分からなかったし、自分に何が必要かもあんまり分からなかったけど、E-room で勉強して、勉強のやり方や自分に必要なものが分かった気がします^ ^。

本当は10週間で喋れる様になると思ってました。。
何が大事かは人それぞれで性格もあるのでみんなに当てはまらないとは思います。でも10週間を振り返って、私が大事にした方がいいと思ったのは、とにかく間違いや文法を気にしないで、たくさんの人に喋りかけて、たくさんの人に喋りかけてもらえる環境を作れたらいいのかなと^ ^。

今日言いたかった事が言えなかったら、明日言える様に勉強して行く、教科書は日本に帰ってからでも自分で出来る、会話出来る人達はそれぞれ限られた時間しかここにいない。もし、文法が苦手な人にアドバイス出来るとしたら、やっぱり日本で少しでもいいから文法を理解してから来た方が、誰かとの会話をもっと楽しめると思います^ ^。
留学生活でしかできない出会いや経験を大事に^ ^。

これからフィリピンへ留学へ行く皆さんが、素敵な留学生活を送れますように!

M.Kさん(女性) 年齢:30代、 留学期間:10週間

M.Kさん(女性) 年齢:30代、 留学期間:10週間(職業:ゲストハウススタッフ )

今日言いたかった事が言えなかったら明日言える様に勉強して行く