新着情報/学校からのお知らせ

フィリピンのイミグレーションとは?

こんにちは!
バコロドERoomランゲージセンターです(^^)

今回はイミグレーションについて紹介していきます。

帰国前、マネージャーから

明日はイミグレーションに行きます!

と言われ、何をするのか分からず不安になっている方も多いのではないでしょうか。

よって、今回はEROOM生徒のイミグレーションについて紹介していきます!

*学校に所属していない方は、手続きが異なります。

 

イミグレーションとは・・・

EROOMで、「イミグレーション」というのは、「イミグレーションオフィスに出国の手続きをしに行く」の略になります。笑

なら略さないでよ!と思われる方もいらっしゃると思いますが・・・(^^;)

短期滞在を繰り返しているようなマネージャーであれば、マネージャー自身がイミグレのことをよく知らないからです。

イミグレーションでの出国手続きは、フィリピンに3ヶ月以上滞在した方に、義務付けられます

また、生徒さんのイミグレにマネージャーは付き添わないので、行ったことがないマネージャーもいるということです。

では実際に何をするのか見ていきましょう!

 

 

イミグレーションオフィスにいく!

EROOMの生徒さんは、最終日の数日前に、マネージャーからイミグレーションに行く日と時間を伝えられます。

イミグレには、EROOMのフィリピン人スタッフと伴に向かいます。

行く際に、必要になるものは、全てフィリピンスタッフが全て持っているので、生徒さんは何も持たなくて大丈夫です(^^)

ただ一つ必要なのは、正装です。

フィリピン人スタッフより、オフィスは公的空間なので、正装が求められるとのこと・・・。

よって、Tシャツ(袖のある服)、長ズボン、シューズ(サンダル不可)という格好で行きましょう!

また、蚊もいたので短パンだと苦しいです。笑

では、EROOMバンで出発します!

 

イミグレーションオフィス到着!

場所はキャピタルラグーンの近くで、車で10分程度です(^^)

キャピタルラグーンの周りには、政府の機関が集中しています。

バンから降りると綺麗な庭をどんどん奥へに進んできます。

オフィスに到着です!「BUREU OF IMMIGRATION OFFICE 」とのこと。

場所が気になる方は検索してみてください(^^)

 

手続き内容

フィリピン人スタッフはここで、生徒がどれだけ滞在したか、VISA支払いのチェック、ACR-Iカード作成の手続きなどをします。

その間、生徒さんは指紋認証と顔認証をするだけです!

ちなみに指紋はすべて採られます。

これで、空港で出国審査をする際、指紋から「長期滞在から公式な手続きを終えて帰国する旅行者」という情報がいくのです。

そしてACR-Iカードが作られます。

待合室の混み具合にもよりますが、行帰りを含めて少なくても1時間はかかります!

イミグレーションオフィスには平日の午前か午後の早い時間に行くことになるので、授業は休まなければなりません

先生たちもよく分かっているのでご心配なく!(^^)

 

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか。私も実は初めてのイミグレーションだったので、新たな経験が増えて面白かったです笑

3ヶ月以上滞在の方は、こういった手続きがあるということだけ頭の片隅にでも入れておいていただきればと思います(^^)

 

そして、2018年4月からマネージャーをつとめた私ですが、今日で最後になります

たくさんの方に支えていただき、マネージャーを続けることが出来ました。本当にありがとうございました

次回から新しい方が投稿するようになります

EROOMの卒業してから毎年バコロドに来ているというバコロドマスターです!

EROOMにまた新たな風が吹きそうですね(^^)

以上、バコロドEROOMランゲージセンターでした!

 

フィリピンで格安留学といえばe-room